少しずつたくさんの種類を食べるように

食いすぎは胃腸に負担をかけ、カロリーの摂りすぎにもなってしまうため、注意しています。たくさんの栄養を均一に取り入れるのは重要ですが、量が多いと消化に時間が必要なので、肌荒れやむくみ、体重増加などの元になってしまう事もあるので、もし栄養が気になった時は、少しずつ、たくさんの種類を食べるように、調整しています。自然食品をつかった物は、野菜は皮も食べる事ができるので残さず料理にも使い、かさも増して栄養素も高くなり、少しの量で満足感のあるメニューになります。みずみずしさや甘味など、野菜の本来の美味さも堪能できるので、切って盛るだけのサラダにしたり、素揚げにしたりと、素材本来の味が楽しめるメニューになります。有機食材を使用する時はスーパーで買えるのですが、お気に入りのレストランへ行ったり、持ち帰りできるお店で買ったり、手軽に自分に出来る範囲で取り入れるように心がけています。自分が美しい容姿作りの為に注意していること、それはお水を補給すること。女性は一日に2L程度のミネラルウォーターをとり入れるとキレイになれるという話を知ったので、それから意識的に日毎1.5~2リットルのミネラルウォーターを体内に入れるようにしています。私は今31才、肌老化も二歩目を踏み出したくらいの年齢になり、半年ほど前に息子を産んでからいきなり老けた気がします。疲れが出ているという事もありますが、エステに通ったり高級な化粧水は利用出来ません。なるべく簡単にしかもお金が掛からない美肌術として見つけ出したのが「お水を飲むこと」でした。それまでは年齢に甘えてお化粧方法を研究するくらいで、あまり素肌の綺麗さについて考えたことはありませんでした。けれども年齢も年齢なので、今後はベースとなる「肌」を大事にしていきたいです。このためには体の内側からケアしていく事が重要ですよね。栄養バランスのとれた「食」や全身の運動、しっかり寝ることや笑顔を過ごすなど・・・、どう頑張っても子育ての最中の私にとってはやりにくいことですが、約2000Lの「お水」を摂ることなら赤ちゃんがいてもやれます。とりあえずはそこから、肌自体を美しくしていきたいです。全身美容というと、化粧品、エクササイズ、サプリ、食事などいっぱいありますが、自分がその中で今もっとも気を配っているのが朝ご飯のときの腸活です。やっぱりご飯の時は毎回バランス良く、できれば野菜たっぷり食べるのが大事です。ですが毎食毎食そうはいかないので、そういった時でも何はともあれ唯一おウチで食事する「朝ゴハン」だけはしっかり考えるようにしています。この間までは「朝ごはん」と言うとパンばっかり口にしていました。その上たまに蒸しケーキを口にすることも・・・。でもここにきて一回目の食事からGI値が高い食品を食べるのも健康に良くなさそうだと思い、その習慣を変えることにしました。最近はオートミールをいただくようにしています。オーツ麦はコレステロール抑制作用もあるし、繊維質食品としても優秀なんですよ。血糖値の上昇速度も白米や食パンよりは大変ゆるやかです。お腹の調子がパン食だった頃より好調になりました。仕事の前に老廃物が排出できると、心も体も調子が良くなります。ニキビも出なくなってきました。昼食や夕飯は殆ど外なのですが、この先も家で食べる朝食だけは主に便秘解消対策としてこの食事をし続けようと思っています。