ホルモンバランスが激変した時は肌にもトラブルが出やすくなる

出産を終えたばかりの女性の身体というのはそれまでの身体の状態と大きく変化します。

特にホルモンバランスは激変しますから、様々なトラブルが起こるようです。

シワ、肌荒れ等の肌トラブルもよく目立つために、悩む人は多いです。

プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えると急激に減ってしまって、更にストレスや睡眠不足で肌の大事なバリアの機能が低下し、乾燥しやすくなってしまいます。

乾燥して荒れてしまうと敏感肌にもなりやすいので、肌をむやみに刺激しない、無添加の基礎化粧品などを使用して何よりも保湿を重視したスキンケアを続けましょう。

ホルモンのバランスは出産後半年ほどで元に戻るとされています。

砂糖など、糖質を摂りすぎる方はお肌のことを考えてください。

糖質を摂り過ぎると、くすみの原因になるのです。

糖分が体内でタンパク質と結合すると、老化の進行を加速させる糖化物質が生み出されるのです。

肌でコラーゲンが糖と結びつき、糖化物質ができてお肌のこげつきといわれるくすみを起こしたり、シミやしわ、たるみが生じたりする事態が心配されます。

シワ対策として、簡単で効果が期待できるものといえばパックかもしれません。

その日一日、肌に溜まった疲れを癒すための美容と精神の健康に、とても有益な時間です。

実は、自分で簡単に作れるパックもありますのでご紹介します。

普通のプレーンタイプのヨーグルトに固さを調節するための小麦粉を混ぜこみお肌にのせたら少し休みましょう。

冷たいヨーグルトが毛穴をひきしめて、その成分が美白、ニキビ予防、保湿などの働きをします。

ですからシワにも効いてくれるのではないでしょうか。

夏は誰でも肌を守ろうと努力していますが、意外と危ないのは秋から冬、それから季節の変わり目だと思っています。

こういった時期、くれぐれも肌の乾燥には気を付けたいものです。

うっかりすると目の周りなどは細かいシワだらけになってしまっているし、荒れて赤くなったりすることもあります。

この危険な時期、大事なスキンケアは特に念入りに行っているわけですが、化粧水や乳液でのケアだけでは物足らなくなってきてオイルの使用も始めてみました。

お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますがオリーブやココナッツ、ホホバなど、天然成分の美容オイルをよく使っています。

テレビに映っている芸能人の肌って美しくてシミなど見当たりません。

とはいえ、人間であることに変わりはありませんので、実際には、肌の不調もつきものなのです。

もちろん、人前に出てこその仕事ですので、我々とは比べられないほど、気を使わざるを得ないでしょう。

その方法から学んでみると、もしかしたら、肌のお手入れに利用できるかもしれませんよね。

肌質は個人差が大きいものですが、肌が薄い人はシワができやすいと聞いたことはおありでしょうか。

肌が乾燥しやすい、突っ張る、シワができやすいなどから「肌が薄いかも」と思っている人は肌の自己チェックをしてみましょう。

肌のそこかしこで血管が透けて見えているような人は、薄いタイプだと自覚しておいて良いでしょう。

どうして皮膚が薄いとシワになるかと言いますと肌が充分に水分を蓄えておくことができません。

そのため、肌のハリツヤが失われます。

また年を取るに従って肌はどうしたって薄くなっていきますから、肌の薄い自覚のある人は、日常的に肌の老化を防ぐ努力をした方が良いようです。

「肌のキメが細かい」などという「キメ」とはいったい何かということですが、肌を良く見ると細い溝になっている線がたくさん走っています。

この皮溝と呼ばれる線と、皮溝で囲まれた部分である皮丘によって、皮膚表面に作られた模様のことをいいます。

この模様、キメが美しい肌というのは皮丘には充分な水分が含まれ、それぞれの大きさがきれいに揃っています。

でも、皮膚組織のうち、一番表面の位置にある表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。

表皮が荒れたままだと、バリアとしての働きは弱まっていきますので、表皮が覆う真皮もそのうち傷つくことになります。

傷んだ真皮が肌をしっかり支えることができなくなり、こうしてシワが増えていきます。

飲酒も、適量なら血行を良くする効果があり、美肌のためにもなるのです。

日本酒の酒粕はパックとして使えます。

くすみを軽減すると言われています。

酒粕をちぎって細かくし、容器に入れて水を少しずつ加えながら柔らかくし、固まりのない状態になるまで混ぜていきます。

小麦粉を少しずつ混ぜて適度な固さにし、全体がなめらかになれば、立派な酒粕パックです。

ただし、アルコールに弱い方には勧められません。

お顔にシミが目立ってくると、実際の年齢より老けて見られるようになります。

高齢になっていくにつれて、皮膚の治癒力が衰え、少しの日焼けでも大きなダメージとなってしまうので、肌のケア、特に日焼け対策は怠れません。

キャップや日焼け止めなど、普段身に着けるものでなるべく紫外線を浴びないようにし、それとともに、アセロラ、ピーマンなど、多くのビタミンCを含んでいる食物を、意欲的に摂りましょう。

こんがりと小麦色に焼けた肌は健康的な色気を演出してくれますが、小麦色の肌には憧れるけど、シミは困ると思っている女性も少なくありません。

シミができるのが嫌なら、できるだけ肌を焼かないように気をつけましょう。

シミ対策で最も需要なのは、こまめな日焼け止めの塗布です。

あと、自宅に着いたらローションなどで炎症を抑えてください。